網戸の張替え技術を向上させるためのポイント

網戸の張替えは自分で行うこともできますし、もちろん専門の業者にお願いすることもできます。業者にお願いする場合は、ホームセンターやサッシ屋、リフォーム業者などがあります。金額も1枚あたりの3,000円から5,000円程度です。業者に任せることで失敗を心配することなく安心して任せることができるでしょう。高齢で、なかなか自分で修復することが難しい方も業者にお願いすると良いでしょう。また、自分で張替えを行う場合ですと、様々な道具と場所が必要となります。道具は押えローラーとゴム以外は、家にあるものを使うことができるので、お金をかけずに直すことができます。新しい網やローラーなどはホームセンターで購入することができますので、お店の方に聞き、自分に必要な物を購入しましょう。

網戸の修理方法も様々、そして広い場所を確保し余裕を持って張替えよう

網戸の張替えを行う場合、まずは網戸がどのような状態にあるのかを確認しましょう。網が端の方から切れている場合ですと、1枚分全てを交換する方が良いでしょう。1枚交換する場合ですと、網戸自体をサッシから外し、広い場所を確保して作業を行う必要があります。古い網を外し、新しい網をクリップ等で固定し、新しいゴムで固定するとこになります。強く引っ張りすぎると網が伸びますのでシワや歪みの原因となってしまう場合があります。また1枚を交換する場合は、広い場所も必要ですが、予想以上の時間と労力も必要となりますので注意してください。また、一部の破れや、穴が開いているだけですと、1枚交換するのではなく、修繕シートを貼って補うこともできますので、網戸の状態によって決めると良いでしょう。

定期的に修繕を行うことで技術が向上

網戸は何度も張替えを繰り返していると、いつの間にかお手の物になるでしょう。1部屋に最低でも1つは窓があります。そして、その窓に対して網戸も付いているでしょう。その網戸を定期的に張替えしていれば自ずと技術も上がります。例えば、猫を飼っている方なら猫に網戸を引っ掻かれたことが何度もあるのではないでしょうか。その都度自分で張替えや修繕シートで補強を行っているとコツを掴んで、綺麗に張替えを行うことができます。また初心者の方でも、ホームセンター等で担当の方に話を聞き、コツを教えてもらいましょう。また大きなホームセンターでは実践しながら張替えの仕方を教えてくれるお店もありますので、そちらを利用することも良いでしょう。網戸は日差しや雨、風を受けていますので、定期的に端の破れや穴などを確認し、修繕を行うと良いでしょう。