初心者が網戸の張替えで注意すべきこと

長く住んでいますと網戸も薄汚れて見えたり、破けてしまったりすることも多い箇所です。大規模なマンションですと定期的に網戸の張り替えの管理をしてくれる場合もありますが、個人の御宅の場合ですと業者に依頼するかご自分で張替えを試みることになります。一見難しそうですが、インターネットに張替えの動画が説明されてアップしていたり、手順などを覚えたりするとできないことではありませんので、検討してみるのも良いことです。ただし、網戸を張り替えるにあたっては準備や必要な物もありますので、事前に購入するなどして用意しておくことが大切です。ホームセンターなどに立ち寄ってみますと、日曜大工をはじめとしたコーナーなどもありますので、そこでは必要な材料以外にも一通りの工具類なども揃えることができますのでお勧めします。

網戸を張り替える時に必要な網の選び方に注意する

網戸を選ぶときの材料としては、色と網の目の大きさを考えて選ぶことが大切です。一般的に多い色ではグレー系ですが、黒色の網戸を選ぶと、そこから見た目を通して、家の中から外が綺麗に見通せるという効果があります。また外側が銀で内側が黒い両方の色を持つ網戸の場合には、外からは部屋の中が見えないのに、室内からは外が綺麗に見渡せるという効果もあります。このような網戸の張替えで生じる見た目の効果をお家の造りなどと重ねて考えることで、より過ごしやすい住まいにもなります。また網の目の種類には20、24、30メッシュなどの表示があります。1メッシュというのは、1インチの間に入っている糸の数で表されています。したがって、お庭や外からの虫や埃などが気になる場合には、メッシュの単位がなるべく大きいものを選ぶと良いです。

ネットなどで網戸の張替えの手順を調べておく

網戸の張替えにはこのような網の部分以外にも、網を押さえているゴム製の部品も必要ですが、サッシによって選ぶ太さが違ってくるので、事前に確認して自宅のサッシに合う物を選ぶことが必要です。また張替えに使う道具としては、押さえローラーと網戸専用カッターというのが、必需品として選ばれています。張替えの手順としては、押さえているゴムを浮かせて古い網を外し、新しい網をそこにクリップなどで固定して、余裕を持たせたサイズで専用のカッターで切っていきます。ふたたび押さえのゴムをサッシの隅に押し込んで網を固定して、余っているゴムはローラーを使ってしっかりと押し込みます。抑えが終わったら余分な網をカットして、微調整をしていくという流れです。ネットなどでは詳しい手順もありますのでよりイメージをつかみやすいよう参考にしてみると良いです。

カンタン模様替えも行っております。詳しくはお問い合わせください。 大量仕入れを行うことで、良質な商品を低価格で提供することが可能です。 積み上げてきた実績、経験を活かし、社内の連携で受注から納品まで丁寧かつスピーディーに仕上げていきます。 一部対応していない地域もございますので対応エリアをご確認ください。 直営店での店舗展開は全国トップクラスの店舗数。全店直営ならではの信頼と安心をお届けします。 網戸の張替えもまごころ畳なら丁寧なサービスで安心です